不動産の選び方

細かくチェックすべき不動産の購入

マンションや一戸建てなど、現在色々な不動産が販売されています。またマンションや一戸建てに限らず、店舗や事務所などについても購入する場合があります。そこで不動産を購入する場合に気を付けることは、細かい点までチェックを行うことです。細かい点というのは、価格はもちろん、立地や間取り、設備、周辺の施設などです。 不動産の細かい点をしっかりとチェックし、全てに納得することができた場合は購入という決断をするのがベストです。万が一イマイチだと感じるポイントがあった場合、購入してから後悔してしまうケースがあるからです。ですからイマイチなポイントがどうしても気になるという状況ならば、別の不動産を探すという選択を視野に入れることが大切です。

不動産の購入をする際に知っておくと得する豆知識

結婚や出産を経て家族が増えた際、自宅などの不動産の購入を検討する人は多いです。その際以下の様な点について知っておくことで、様々なメリットを得ることができます。 まず挙げられるのが固定資産税です。固定資産税はその年の1月1日の所有者に課せられる税金なので、1月1日以降に不動産の所有権を移転すれば、最大でほぼ1年ほど固定資産税の負担を軽減することが可能です。ただし、購入金額に全所有者の固定資産税額が上乗せされていることもあるため注意が必要です。 次に挙げられるのが登記費用です。多くの場合で不動産の登記は不動産業者の仲介する司法書士などに依頼することになりますが、手続自体はそう複雑なものではありません。そのため所有権移転登記を自身で行うことで、司法書士などの費用を軽減することができます。ただし登録免許税などはどこに依頼しても一定額は必ずかかるため、自身の手間と依頼する手数料をしっかり勘案し、判断しなければなりません。 上記のような豆知識を活用し、お得に不動産を購入することが重要です。